注意を要する個人情報の扱い

クレーム被害への悩みは、多くの企業が経験しているであろう悩みの一つである。そのため万が一にも悪質なクレーマーに遭遇した場合に備えて、対抗策を備える必要がある。ここで注意が必要であるのは、悪質なクレーマーに対抗しつつも社会のルールを守らなければならない点にある。

たとえ相手が悪意あるクレーマーであったとしても、企業としてあるべき姿勢を崩すのは問題が大きい。悪質なクレーマーへの対策を行う上で問題となるのは、個人情報の扱い方である。
クレーマーとのやり取りでは、相手の名前や住所、その他の個人に関する各種情報を知ることが多い。その情報を安易に漏らしてしまうと、かえって事態が悪くなり、企業側は不利な立場に立たされる可能性が考えられる。

もし相手が悪意を持ったクレーマーであったとしても、個人情報を漏らすのは企業側の落ち度であり、少なからず責任が問われることになる。例えば悪質なクレーマーの情報を企業の関係者同士で共有する場合においても、個人の情報の扱いについては慎重にならなければならない。
そこでクレーム被害対策のため個人情報を扱う際何らかの疑問点があるならば、独断で行動するよりも専門家の指示を仰いだ方が悩むことなく解決できる。個人情報関連の法律に詳しい専門家に相談すれば、クレーマー対策の場合の個人情報の扱いについて、具体的なアドバイスを提供してくれるだろう。

企業として守るべきことを意識し、毅然として悪質なクレーマーに対抗できる企業は、世間一般の顧客からの信頼が集められる。

2018年9月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー